TOEFL・IELTSから留学&英語子育て情報まで英語に関するブログです

TESOL Blog

英語フレーズ

「前置きはさておき」、「私の話はこれくらいにして」を英語で言うと?

投稿日:

今回は、スピーチやミーティングなどでのプレゼンで使えるフレーズ、「前置きはさておき」「私の話はこれくらいにして」を英語でどのように言うのかを紹介します。

「前置きはさておき」、「難しい話はこれくらいにして」、「私の話はこれくらいにして」など、本題やメインイベントに移りたい時、誰かを紹介したい時、英語では以下のように言います。

「前置きはさておき」 → Without further ado

<例文>

・And now, without further ado, I present the regional manager of Dunder Mifflin, Michael Scott.

「それでは、前置きはさておき、ダンダーミフリン社の地域担当マネージャー、マイケルスコットを紹介します。」

・And without further ado, I would like to introduce Mr. Ichiro Suzuki!

「それでは、長い話はこの辺にして、鈴木一朗選手を紹介します!」

Without further ado, I'd like to turn things over to Dr. Yoshida.

「前置きはさておき、早速吉田教授にお話いただきたく思います。」

Without further ado, let's get started!

「話はこの辺で終わりにして、早速始めましょう!」

Without further adoには、Let's not waste any more time and...(時間を無駄にするのはやめにして)のようなニュアンスがあります。

プレゼン、スピーチの時などにスマートに使ってみたいですね!

-英語フレーズ

Copyright© TESOL Blog , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.